道迷いを起こさない方法とは、
それは現在地を知る、これにつきます。

100625yashiro-061.JPG
つまり、自分がいまいる場所がどこなのかを地図上で知ること。これが道迷いしないこと、道迷いから一刻も早く脱出する方法です。
いま自分が地図上のどこにいるのかそこがもし、ルートから外れていれば元へ戻るのにどっちへ行けばいいのか、それを知ることが山で道に迷わない最善の方法であるといっていいでしょう。

読図(地図を読むこと。眺めることではない)に関する書籍を読むと、自分がいまいる場所を知るには、最低2つの明確な目標物(山や鉄塔など)が見える場所に立ちコンパスの北にたいするその目標物の角度を測る。そして、2つの目標物の角度の交点が現在地である、との解説(クロスべアリング法)があります。
たしかに読図の専門家が述べることなのだからその通りなのでしょう。しかし、道を見失い現在地がわからずパニクっている人が、明確な目標物を探し当てて現在地を知るという高度な作業が可能なのかどうかを考えると厳しいものがあります。地形図の見方を知らない方にとってはなおさらです。

普段、地図を読む習慣のない人にもできるもっと簡単に現在地を知る方法はないものか、迷ったときにどうやって脱出すればいいのかそれを説明するのがこのサイトの目的です。
自分の命を救う方法です。手間と時間と少しのお金は使ってください。用意するものは、地図とコンパスとGPSロガーの3点です。どれかが欠けてもダメです。

まずは地図。
山を歩くには国土地理院が発行する2万5千分の1地図(※)が必須ですが、この地図は一般の本屋さんにある「山と高原地図」という5万分の1地図に圧されて取り扱い書店が減り、入手するには山用品専門店か国土地理院の通販を利用するしか方法はありません。
※正確には2万5千分の1地形図と呼びます。2万5千地図、2.5万地図も2万5千分1地形図のことを表していると考えてください。
※以後、地形図という言葉が頻繁に出てきますが、すべて2万5千分の1地図を指しています。

※参考:国土地理院の通販サイト


そこで私は画像にある「カシミール3D***編」という書籍の購入を強くお勧めしています。これなら地方の書店でも扱っているしアマゾンでも購入することができます。
kash.jpg※この本はシリーズものになっていて、すべてのシリーズにカシミール3Dという実によくできた地図ソフトがDVDに収録されていてなおかつ、国土地理院の2万5千分1地形図(ただし、シリーズにより収録エリアが異なる)まで収録されています。
アプリは書籍の発行年によってバージョンが異なりますが、著者のホームページから最新版をダウンロードできるのでバージョンにこだわる必要はありません。



このアプリと収録されている地形図をご自分のPCにインストールしてください。
アプリだけでいいのであれば書籍を買わなくても著者のホームページからダウンロードできますが、その場合は地図を別のサイトからダウンロードしなくてはならないという手間がかかります。
等高線だけの平面的な地図でよければ国土地理院がインターネット(地理院地図)上に無料で公開している2万5千分1地形図をこのアプリで使うことができます。
ちなみに、カシミール3Dに収録されている地形図は平面データと標高データとが合成されたものなので、立体的で山の地形をイメージとしてとらえることができます。
地図は眺めているだけでも心躍る楽しいものです。

紙の地形図(GPS携行の有無にかかわらず必須)にあらかじめ緯度経度線を記入しておき、GPSに表示される緯度経度を紙地図にあてはめることで現在地がわかりますのでそこがルート上にあるのか外れてるのかで道迷いかどうかを判断できるわけです。



25000.pngこれがカシミール3Dに収録されている山で使う2万5千分1地形図。この他に1/20万分の地図と1/5万分の地図も収録されていますが、山で使う場合は2万5千分1地形図にします。等高線の間隔が標高でいうと10メートルごとに描かれているので地形のイメージが把握しやすくなっています。

山へ行くときは前もって2枚ほど印刷しておき1枚はウエアのポケットへ、1枚はザックへ入れておくといいでしょう。
なお、私のプリンターはインクジェット式なので地図が汗や雨で濡れた際に滲んで見づらくなることを考慮して、チャック付きのビニール袋に入れて携行するようにしています。


R0012736.JPGこれがコンパス、方位コンパスともいいます。スポーツショップで見たことありませんか?
キーホルダーになっているものもありますが、それは単に方角を知るためにしか役に立ちません。
山で使うには画像のように方角を知る磁針(赤白の針)の他に目盛りがついた回転盤、回転盤と一緒に動く太い矢印、行き先を決める矢印(左端)、地形図上で距離を測定する定規が一体になっているものです。詳しいことは以後のページで説明しています。


▲ ページトップへ